「ほっ」と。キャンペーン





 
<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
 
シャツ色々3
まいど!久々の更新です。最近、今季の秋冬アイテムに関してあーでもないこーでもないと頭を抱える日々でブログの更新が止まってました。そのおかげ!?かどうか、納得いくサンプルが続々と上がってきています。こりゃ展示会での反応が楽しみです!

さて、本題に入ります。
今日もシャツの紹介になります。

シャンブレーウエスタンシャツ「MJSW11-L01」
インディゴ
S~XL
¥17,640(税込)
a0085103_16185411.jpg
a0085103_16191460.jpg
カラーネップの入ったシャンブレー生地に刺繍が入ったウエスタンシャツになります。ヨーク、スナップボタン、裾のロック処理などウエスタンならではのディテールはしっかりと押さえてます。そこにカラーネップ&刺繍でちょっぴりサイケデリックなスパイスを加味した
a0085103_16192674.jpg
a0085103_16193983.jpg
どーですかこの絶妙な刺繍!上手いのか下手なのかがよくわからんユル~い感じが、70年代モノでよく見掛けるシャンブレーシャツの雰囲気にそっくりです!
[PR]
by samurai-c | 2011-04-26 17:21 | 新着情報
 
シャツ色々2
まいど!昨日の続きでシャツを紹介していきたいと思います。

デタッチャブルカラーシャツ「UODR11-L」
ホワイト・ネイビー・ピンク
S~XL
¥16,590(税込)
a0085103_16131572.jpg
a0085103_16132761.jpg
サムライの中ではBDシャツやウォッチポケットシャツ(SWP11-L)などと同系統のワークとドレスの融合系シャツになります。融合系シャツはサムライの展開するシャツの中ではまだまだマイノリティーな部類に入るのですが、わたくし的には皆さんに是非とも着て欲しいジャンルです。これらのシャツは総じてビジュアル的にシンプルなもの多く、サムライのラインアップの中では確かに目を引きにくい所があるのですが、よくよく見て頂くとボタンなどの付属類や生地の使い方、縫製面と言った部分に融合系ならではのデティールがたくさん詰まってます。
そこでこのシャツです。やはり最大の特徴は襟が取り外せて付け替えが出来る事でしょう。これはドレスシャツである仕様ですね。レギュラーカラーが色違いで2枚と襟先が丸みを帯びたラウンドカラーが1枚で全部で3枚の襟が付属します。気分やコーディネイトによって3通り、さらに襟無しのスタンドカラーとしても着れるので、トータルで4通りもの着こなしが出来てお得です。因みにデタッチャブルとは分離できるとか取り外せるといった意味合いがあります。生地にはミミ付きのオックスを使用しているので裾マチとカフス裏をミミ使いしました。さらに脇は空環仕様にしてワークシャツらしさも加えています。

ハーフジップシャツ「SMHZ11-S」
インディゴ・キナリ
S~XL
16,590(税込)
a0085103_16134088.jpg
a0085103_1613529.jpg
最後はプルオーバーのワークシャツです。生地は今季からシャツ系の為に織ったオリジナルの「インディゴロープ染色16番/2本×10番/2本+キナリ10番/2本 引き揃え平織り」と「キナリ16番/2本×インディゴロープ染色10番/2本+キナリ10番/2本 引き揃え平織り」の2パターンのピンチェックを使用しました。イメージは1900年代初頭のカバーオールやオーバーオールで使用されていたピンチェックです。インディゴは芯白染色方法であるロープ染色なので当然色落ちによる経年変化を楽しめます。また、肉厚もあり丈夫で非常にサムライらしい生地になっていますよ。縫製ではトリプルステッチの巻き縫いを中心とした堅牢な作りでワークシャツらしく3cm/10針前後の広めのピッチで行っています。また、このシャツの特徴であるフロントのジッパーはコ止のウォルデスを使用しています。
「プルオーバーシャツは着難くて・・・・」という意見をよく耳にします。Tシャツやスウェットなどのカットソー系とは違って布帛系は生地が伸びないので確かに着難いところはありますが、コツさえ掴めばそうでもないんですよ!すぐに慣れます。それに一日に何度も着たり脱いだりしないですよね!?
[PR]
by samurai-c | 2011-04-09 21:15 | 新着情報
 
シャツ色々 1
まいど!この時期にちょうど良いボタンシャツが色々と入荷していますので紹介したいと思います!
まずはこの2型から!

シャンブレーボタンダウンシャツ「UOCS11-L」
濃インディゴ・淡インディゴ
S~XL
¥15,540(税込)
a0085103_1825174.jpg
a0085103_18251117.jpg
わたくし何度もこのブログで言っておりますが、BDシャツだけはホントに重宝します!何枚持っててもホントに困りません!今回、魚釣倶楽部から出したのはシャンブレー生地を使用したBDシャツになります。サムライから出すボタンダウンシャツの特筆すべき点は、すばり「シルエット」です!ボタンダウンシャツにありがちなのが「身幅がぶかぶか」「腕が太い」「裾が長い」などと「ゆとり」を持たせたシルエットが通常だと思いますが、サムライでは全てが逆で全体としてタイトでスッキリとした綺麗なシルエットに仕上がっています。
縫製も独自の観点から特徴的な仕様です。BDシャツと言えば一般的に極細の60番手程度の糸を3cm/20針前後の細かいピッチで縫い上げるのが一般的ですが、サムライでは肩、アームホール、脇から袖に掛けての部分を8番と通常BDシャツではまず見かけない太番手を使用し、さらに運針を3cm/11針前後とざっくりとしたピッチで縫製しています。そうする事によりウォッシュ後に縫製糸が詰まり、パッカリングや生地のツリ感が激しく現れてワークシャツらしい一面を見せます。


ハンティングシャツUOHT11-L
Aブルー・Bレッド・Cネイビー
S~XL
¥15,540(税込)
a0085103_19505396.jpg
a0085103_1951437.jpg
次に紹介するのがハンティングシャツになります。業界的にみるとここ数年でハンティングウエアをモチーフにしたアイテムがジワジワ増えているような気がします。なぜか?わたくしの個人的な意見を言わして頂きますと
、あらゆる箇所に理屈の通った小技が効いていて面白い、飽きない、モノづくりするうえで非常にさわりがいのあるジャンルなのです。ライフルの衝撃から肩を守る為のガンパッチや弾丸を入れる為のバレットホルダー、捕獲した獲物を入れる為のゲームポケットなど街着ではどれも正直全然必要ないです。けどそれらを上手く取り入れる事で街着では他のジャンルにはない最高のアクセントになりギミックになるのです。
このシャツも小技が多く存在します。ガンパッチやエルボーパッチ、脇のベンチレーション、2層構造になった胸ポケット、襟から出ているチンストラップなどなど盛りだくさんでございます。生地はチェック地を使用し、画像のレッドの他にまたチェックパターンの違ったブルーとネイビーがあります。
[PR]
by samurai-c | 2011-04-08 20:46 | 新着情報
 
2011 FIA-WTCC Round1
まいど!遂に世界進出してしまいました!WTCCに参戦しているBamboo Engineeringのチームウエアを一部作らせて頂きました!
a0085103_17452140.jpg
a0085103_17454568.jpg
a0085103_17593277.jpg
a0085103_1759499.jpg
a0085103_17455846.jpg


迫力あるレースです!!

[PR]
by samurai-c | 2011-04-01 18:11 | イベントリポート


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク